取材の疲労で1日動けませんでしたorz

遅れましたが、FLWカップ最終日に生中継した分の録画をアップしておきます。

最終日は朝イチでジェイ・イエラスを見に行きました。
ジェイはDay2とDay3の2日間をジェイコブ・ウィーラーと同じエリア(メインレイク最上流部)でラージマウスパターンを追っていたわけですが、
Day3を終えて5位に落ちたジェイと、首位を行くウィーラー選手との差は11Lbまで広がっていました。
まぁ普通に考えて、追い付ける状況ではありません。
といって、当たり前にスポッツパターンをやったのでは、FLWカップに出ている意味もない、と。

そこで、最終日にジェイがとった戦略は、支流であるチェスタティーリバーの最上流部でラージマウスパターンを追いかけるというものでした。
つまり、エリアを変えて、同じパターンを行なったわけです。
チェスタティーリバーの最上流部は、ウィーラーが釣っているチャタフーチーリバー(メインリバー)の最上流部に負けず劣らず、ベンドごとにサンドバーに行く手を阻まれるたいへんな場所でしたが、ジェイは何度もスタックしながら、最上流まで行ったようです。
残念ながら、自分たちの取材艇は途中で追跡を断念・・・。
最上流部は携帯も圏外だったので、ツイキャスどころかツイートも送れない状況・・・。

と、そんなこんなで、最終日のツイキャス開始はメインレイクまで戻った後、スタートから4時間近く経過してからになってしまいました。
メインレイクで探したのはディオン・ヒブドン。
ディオンは初日からラージマウスとスポッツのミックスバッグをウエイインしていましたが、それはひとつの同じパターンによる釣果でした・・・。

↓ディオン・ヒブドンのシャローパターン










FLWカップ最終成績
順位 選手名   Day4   合計重量   賞金
1. Jacob Wheeler 11-15 (5) -- 60-01 (20) -- $500,000
2. Scott Canterbury 10-07 (5) -- 52-12 (20) -- $100,000
3. Bryan Thrift 12-05 (5) -- 52-04 (20) -- $75,000
4. Scott Martin 12-01 (5) -- 51-12 (20) -- $60,000
5. David Dudley 14-06 (5) -- 49-13 (20) -- $50,000
6. Jay Yelas 11-02 (5) -- 48-04 (20) -- $45,000
7. Andy Morgan 10-09 (5) -- 47-07 (19) -- $40,000
8. Troy Morrow 10-04 (5) -- 46-11 (20) -- $35,000
9. Dion Hibdon 11-03 (5) -- 46-06 (18) -- $30,000
10. Luke Clausen 6-11 (3) -- 43-11 (18) -- $25,000

↓最終日のジェイコブ・ウィーラーはラージマウスとスポッツのミックスリミットをウエイイン
flwcup_final_wheeler_001

↓フォレスト・ウッド(レンジャーボートの創始者)その人からFLW杯を受け取るウィーラー
flwcup_final_wheeler_002

↓弱冠21歳。今期FLWツアーのルーキーが2012FLWカップを制した
flwcup_final_wheeler_003

FLWカップの記事は9月末発売号の「Basser」に掲載予定です。