昨日(2/22)のツイキャス生中継を観た人はすでにお分かりの通り、大森選手のプラクティス最終日は<バイトを得る>という部分ではまったく期待外れな結果でした。
では、もはやここまでかと言うと、むろんそうではないわけです。
勝負はむしろここから!

昨日のプラクティス最終日は火曜から始まった気温上昇(Warming trend)の2日目に当たり、各バックウォーターでは水温が62°F(16.7℃)にも達しました。
先週のプリプラ時の水温は10℃前後だったので、昨日(水曜)の16.7℃というのがいかに急上昇であったかが分かるでしょう。
多くの選手たちはこの水温上昇でシャローのバイトが増えるはずと期待して昨日のプラクティス最終日に臨んだわけです。
しかし、結果はほとんどの選手たちにとって「期待外れ」だったようです。
大森選手と同じように、ジャストキーパーが数尾だけという選手が大半でした。
KVDも、09年のクラシックで2位だったアイクも、昨日のプラクティスでは苦戦したとのこと。
他にも、がっくり肩を落としている選手が大勢いました。

となると、いったいレッドリバーに何が起こっているのか!?

この冬のルイジアナ州北部は異常な暖かさが続いたようです。
これはルイジアナに限らず、アメリカ全体が異常気象とも言える暖冬だった。
レッドリバーのバスたちは冬の間もバックウォーターにステイし続けたはずです(メインリバーに移動する理由がなかったので)。
水位のほうも、1月中旬までは冬の標準水位(シュリブポートで14.5ft)で安定していた。

ところが、その後、暖冬の影響による早めの雪解けが北部の上流域で始まり、レッドリバーの水位が急上昇し始めたのです。
2月上旬の段階で、シュリブポート観測で22ftまで増水。
30ftがいわゆる「洪水(flood)」と呼ばれるレベルなので、22ftは結構な増水です。
実際、一部のボートランプは増水のため使用禁止になったほど。
なんと、その時の映像を見つけました。
コレ↓です!撮影日は2/6。
<狂人マイク>という方が「クラシックはどうなっちまうんだ!?」と心配されてます。


その後、水位は戻り始め(減水し始め)、今日現在(2/23)の水位は16ft。
洪水を心配していた狂人マイクもきっと胸を撫で下ろしたに違いありませんが、今度は逆に急に減水しすぎです。
約2週間で8ftも減水したのですから。

で、これはもしや?と思い、過去の気象データを調べてみたところ、実はこの減水のタイミングに寒波が重なっていたことが分かりました。
ルイジアナ北部の2月上旬は気温が総じて低めだったのですが、2/12にはシュリブポートで28°F(-2.2℃)を記録する寒波が襲来しています。
しかも、気温はそのまま一度も上がることなく、2/17からのプリプラに突入している。
先週の3日間のプリプラが悲惨だったのもムリもないわけですね。

そうです。
急激な減水と水温急低下が重なった結果として、レッドリバーのバスは1~2カ月遅れの真冬モードに入っちゃったのでしょう、おそらく。
ということは、つまり、昨日の公式プラクティスから始まった急激な水温上昇は、たしかに、季節外れの真冬モードに入ってしまったプリスポーナーたちをシャローに呼び寄せる大きなプラス要因になりえるということです。

ただし、その水温上昇も今日(木曜)までで終わり。
コレ↓は2/23午後13:45の気温図。
緑のマルで囲んだ部分がシュリブポート。
暑いと思ったら、84°F(28.8℃)もあったんですネw
シャローの水温もさらに上がったことでしょう。
2012_classic_2_23_tempmap

そして、コレ↓が本日午後14:18の天気図。
2012_classic_2_23_weathermap
オクラホマ上空にある前線が東南東に移動しているので、今夜から明日朝にかけて、シュリブポート上空を前線の南端が通過する予定です。
試合が始まる明日(金曜)朝には、この前線の通過によって風向きが変わり、北風が入り込む。
Day1の気温は最高で59°F(15℃)の予想。
おそらく、明日Day1の水温低下は限定的でしょうが、Day1の夜がグッと冷え込む(予報は2.2℃)ので、Day2の朝のシャローは水温が下がるはずです。
よって、Day2はタフコン化するでしょう。

そして忘れてはならないのが、もうひとつのキーファクターである水位です。
現在16ftの水位がもしもさらに下がってしまうと、シャローへ回遊するバスの動きを止めるもうひとつの要因になる。
逆に言うと、今夜以降もしも水位が上昇すれば、シャローへのバスの回遊を後押しする要因になるということです。

いずれにせよ、バスがシャローに上がるまでの動きに至らなければ、おそらくオックスボー内のやや深めのステージングスポットが今回のキーエリアになってくるでしょう。
さて、どちらになるのか・・・。
シャローが爆発するのか、あるいは一歩手前のステージングバスが爆発するのか・・・。
もっとも、これは完全に自分の分析なので、まったく違う展開になることもあるかもしれませんw
自分自身の取材メモとしてまとめてみました。