出品アイテムがすべて出揃いました!
東日本大震災チャリティーオークション「BASS WISHES!」@秘密のアマケンノート&Texas4619の出品アイテム最終便を紹介します!

アメリカ人プロ選手からの出品アイテムはすでに第1弾第3弾および第4弾のほうで紹介していますので、そちらもチェックしてみてください。
日本人選手関連のアイテムは第2弾で紹介しています!

「BASS WISHES!」っていったい何?という方はまず最初にココを読んでください。
本オークション「BASS WISHES!」の趣旨について説明しています。

第1弾の出品アイテムはコチラ
第2弾の出品アイテムはコチラ
第3弾の出品アイテムはコチラ
第4弾の出品アイテムはコチラ

入札用オークションサイトは↓
basswishes_logo2_w252
このバナー↑をクリックすると、日本サイドで当チャリティーオークションの運営管理をしてもらっている「Texas4619」さんのネットショップ内にある専用ページに飛びますので、そこで入札を行なってください。
入札は必要事項を書いてメールするだけなので簡単です!
なお、アイテムに関する質問等は当ブログでも受け付けますので、右コラムのメールないしコメント欄をご利用ください。

では、最後の出品アイテムを紹介していきましょう!


★オークションNo.29
【マーク・デイビスのサイン入り偏光グラス①】


フルーガーのベイトリールを提供してくれたマーク・デイビス選手がさらに2つもアイテムを出してくれました!新品のストライクキング偏光グラスです。
モデル違いで2個あるので別々に出品します。

まず、本No.29は
ストライクキング・SG-36「Twilight」
鼈甲風フレーム&イエローレンズです。

bw_29_davis_glasses_01
bw_29_davis_glasses_02

実際の使用を考えて、サインはケースのほうにしてもらいました。



★オークションNo.30
【マーク・デイビスのサイン入り偏光グラス②】


そして、こちらがホワイトフレーム&グレーレンズ(ブルーミラー)の
ストライクキング・SG-OW2「Monsta White」

bw_30_davis_glasses_01
bw_30_davis_glasses_02

マーク・デイビスという選手は、見た目イカついし無口だしで、気難しそうな印象がありますが、実際はそれほど頑固オヤジなわけではないと思います。
自分のなかのイメージでは、今や絶対的少数となってしまった古き良きB.A.S.S.精神を貫徹する良識派のひとりといった感じでしょうか。
セルフプロデュースなんて発想とは無縁ですし、むしろそういったことを嫌悪しているのではないかとも思える部分すらあるので、過去10年のESPN時代はどうにも不遇でした。

が、1995年クラシックチャンプであり、AOYを3回も獲得しているという実績からも分かるように、少なくとも90年代から2003年あたりまでの10数年間、デイビスがズバ抜けたコンペティターであったことは紛れもない事実と言えるでしょう。
それどころか、デイビスは今なおAOYを狙える実力を持っていると私は確信しています。
エリートシリーズが同じレイクで何度も試合を開催したり、季節的に偏ったりしなければ、マーク・デイビスやデイビー・ハイトといったベテラン選手たちがAOYレースに絡んでくるのはまず間違いないことです!

たしかに、見た目はアレだし、もうオッサンなんですが、それでも、こういう渋い実力派こそプロトーナメントの世界にもっとも欠かせないキャラなのではないか、と思ったりするわけです。
ストラクチャー系を得意とする釣りのスタイルも含めて、自分的にはかなり萌えな選手ですw



★オークションNo.31
【ランディー・ハウエルのサイン入りmolix Mader AlivE】

bw_31_randy_mader_01

アイテムを紹介する前に、ランディー・ハウエルという選手について少し説明しておきましょう。

ランディー(現AL州在住)は今年38歳。
ちょうどティミー・ホートンとかジェラルド・スウィンドルあたりと同世代です。
B.A.S.S.プロシリーズに1994年から参戦しているので、もうベテラン選手と言っていいでしょう。
いわゆる普通の職に就いたことがなくて、学校を卒業してそのままトーナメントの世界に入ったという経歴の持ち主。
ノースキャロライナ州レイクガストン湖畔でマリーナを経営する父親の下で育ったランディーは、若干12歳の時すでにガイドとしてアルバイトをしていたという、バスプロになるべくして生まれてきたようなサラブレッドでもあります。

そんなランディーのフィッシングスタイルはまったく隙というものがないほどのバーサタイルで、シャローからディープまで、パワーフィッシングからフィネスまで、すべてのメソッドを非常に高い次元でこなし、それらを戦略に組み込んでいきます。
もしも日本の皆さんが彼の釣りを実際に目の当たりにしたら、あまりの釣りの上手さに「コレが米国ツアープロの実力なのかッ!」と驚くハズです。

で、そのランディー・ハウエルが今回提供してくれたのは、日本でも徐々に人気が出てきたイタリアのルアーメーカーmolix(モリックス)のルアーです。
ランディーはモリックスの米国プロスタッフなのです。

bw_31_randy_mader_02

ルアーが複数あるので、分けて出品します。
まず、このNo.31(上の写真)が
molix Mader AlivE
ハードスイムベイトですね。

ランディーのサインは実際に使用することを考えてボックスのほうに入れてもらいました。
サインとともに、「God Bless(神のご加護を)」と書かれています。



★オークションNo.32
【ランディー・ハウエルのサイン入りmolix Cursor Magnum】

bw_32_randy_cursor_02

Cursor Magnumはソフトプラスティック・バイブレーションという新ジャンルのルアー。

bw_32_randy_cursor_01

こちらもサインはパッケージに書いてもらいました。



★オークションNo.33
【ランディー・ハウエルのサイン入りmolix Vis Shadサイズ違い2パック】

bw_33_randy_shad_01

No.33はソフトスイムベイト「Vis Shad」のサイズ違い2パックセット!

bw_33_randy_shad_02
bw_33_randy_shad_03

こちらは12cmサイズ。
サインはパッケージの裏に書いてもらっています。

bw_33_randy_shad_04
bw_33_randy_shad_05

こっちが9.5cmサイズ。



★オークションNo.34
【アーロン・マーテンスのサイン入りトーナメントシャツ】

bw_aaron_01

「BASS WISHES!」出品アイテムの最後を飾るのは、アーロン・マーテンス選手が今期着用していたトーナメントシャツです!
もちろん、本人のサイン入り!

「カリフォルニアの神童」と呼ばれたアーロンも早39歳!
アラバマに拠点を移し、B.A.S.S.プロシリーズに本格参戦を開始した後も、AOY獲得(2005年)など実力通りの結果を残しています。
計158試合のうち、トップ10フィニッシュが49回(実に3回に1回の割合でトップ10入り)というのは尋常ではない強さ!
サンラインやがまかつ、メガバスなど、日本メーカーとの契約でも知られているわけですが、それは単にスポンサー契約という割り切った話ではなくて、アーロンは本当に日本製品の大ファンなんです!
リールも日本製を自腹で買ってるほど!

そのアーロンも、今回の大震災にはひどく心を痛めているようです・・・
本チャリティーオークションの話をしたところ、協力を即答してくれました!

日本メーカーのロゴが入ったアーロン・マーテンスのトーナメントシャツ!
バスフィッシングを架け橋に日本とアメリカが協力し合うという「BASS WISHES!」のラストアイテムとしてこれほど相応しい品はないのではないでしょうか!?

bw_aaron_02

アーロンは自らのサインをシャツの下のほうに控えめに入れてくれました。
アメリカ人には珍しい気配りさんですネ!




以上で、5回に分けて紹介してきた「BASS WISHES!」出品アイテム計34点のリストアップが完了しました!

入札の〆切は日本時間9月1日の深夜!

売上金はそっくりそのまま、経費などを差し引いたりすることなく、日本赤十字の東日本大震災義援金として寄付させていただきます。

ムリのない範囲で結構ですので、どうぞ気軽に入札にご参加ください!

入札用オークションサイトは↓です!
basswishes_logo2_w252