米国時間7月4日時点での最新暫定順位がB.A.S.S.公式サイトでアップデートされているので、報告しておきます。
★投票ページへのリンク

REGION 1
1位:マイク・アイコネリ
2位:ショウ・グリズビー
3位:ジョン・クルーズ
4位:ボビー・レーン
5位:清水盛三

REGION 2
1位:ジェフ・クリート
2位:デニー・ブラウワー
3位:リック・クラン
4位:トミー・ビッフル
5位:ジョナサン・バンダム

REGION 3
1位:アーロン・マーテンス
2位:ティミー・ホートン
3位:グレッグ・ハックニー
4位:桐山孝太郎
5位:ラス・レーン

REGION 4
1位:スキート・リース
2位:アルトン・ジョーンズ
3位:ブランドン・パラニューク
4位:イッシュ・モンロー
5位:大森貴洋


リージョン1の盛三選手とリージョン4の大森選手がともに4位から5位へとランクダウンしてしまいました( ̄□ ̄;)!!

リージョン1に関しては、前回の記事で余談として紹介したジョン・クルーズにゴボウ抜きされた格好。
リージョン4のほうは、イッシュに抜き返された形です。
リージョン3の桐山選手は4位のまま。

ジョン・クルーズのチャリティーに寄付という話は、オールスター戦に出場して、さらにそこで優勝した場合に実行するという内容なのですが(本人がビデオの中でハッキリそう言っています)、
実はこの話を紹介したB.A.S.S.公式サイトの記事では、「優勝したら」という部分が書かれてなくて、「出場できたら$25,000寄付する」となっていました。
これはまぁ意図的なミスリードというより、明らかにライターのミスと思われますがw、同記事を読んだアメリカ人バサーが結果的に相当数クルーズに票を入れたのは間違いないでしょう。

であるならば、
日本人選手もクルーズに倣って「優勝したら寄付する」的な宣言をしたらどうか?とも言えるかもしれませんが
実現できるかどうかも分からないことを宣言するのは、不言実行を潔しとする我々日本人の感性にはやはり馴染まないわけで・・・(-_-)ウーム
まぁ、今回の盛三選手の5位後退は不可抗力として仕方ないのかもしれません・・・

この件に関して自分的に驚いたのはむしろ、おそらく大量票を得たに違いないジョン・クルーズがそれでもなおアイク1位、ショウ2位の座を奪取することができなかったという点です。
アイク人気、ショウ・グリズビー人気は文字通り不動のようです・・・

ただし、投票期間はまだ残っているわけですから、ここで諦めるわけにはいきません!(`・ω・´)シャキーン
皆さん!気合いを入れ直してラストスパートです!
何度も書いてきたことですが、
日本人選手を現状からさらに押し上げる力を持っているのは、他でもない皆さんなのですョ!

★投票ページへのリンク

「Bプラン」での投票方法はコチラ

「Bプラン」って何?という方はコチラ

オールスター戦に日本のファンが投票することの意義についてはコチラを読んでください。