B.A.S.S.オールスター戦ファン投票の最新集計結果がB.A.S.S.公式サイトで発表されました。
米国時間7月1日時点での暫定順位は以下の通り。

REGION 1
1位:マイク・アイコネリ
2位:ショウ・グリズビー
3位:ボビー・レーン
4位:清水盛三
5位:ジョン・クルーズ

REGION 2
1位:ジェフ・クリート
2位:デニー・ブラウワー
3位:リック・クラン
4位:トミー・ビッフル
5位:ジョナサン・バンダム

REGION 3
1位:アーロン・マーテンス
2位:ティミー・ホートン
3位:グレッグ・ハックニー
4位:桐山孝太郎
5位:デビッド・ウォーカー

REGION 4
1位:スキート・リース
2位:アルトン・ジョーンズ
3位:ブランドン・パラニューク
4位:大森貴洋
5位:イッシュ・モンロー


前回(2日前)の中間結果から動いたのは
まず
リージョン1の盛三選手が3位から4位にランクダウンしたこと。
盛三選手と入れ替わりで3位に上がったのは、前回4位だったボビー・レーン。
つまり、前回の中間発表から今回までの間に、Bレーン票が盛三票を上回ったということになります。
皆さんの投票が減ったのか、あるいはBレーンへの投票が増えたのか・・・
もしくはその両方か・・・

リージョン3の桐山選手は前回と同じ4位で変動なし。
このリージョン3の順位は1位から5位まで前回の中間発表とまったく同じですね。

リージョン4の大森選手はひとつ上がって4位にランクアップしてます。
これだけ短期間のうちに順位が動くということは、
やはり、1位のスキートから下の得票差は僅差なのでしょう。
同じことは、リージョン3の桐山選手にも、リージョン1の盛三選手にも言えます。
まだまだこれから!

余談1
今回リージョン1の5位に入ってきたジョン・クルーズには、どうやら強力な支援者がついているようです。
彼のウェブサイトにアップされている動画によれば
クルーズはなんでも今回のオールスター戦に出場し、かつ優勝したあかつきには、
「Tackle Storm Foundation(自然災害被災者のための基金)」に$25,000の寄付をすると約束しています。
さらに、ウエイインしたバスのウエイト1Lbごとに$5を寄付するとのこと。
これはアメリカ人ならずとも応援したくなっちゃいます。

余談2
リージョン2のジェフ・クリートがなんとデニー・ブラウワーを抜いて1位に立ちました!
コレかなり凄いことです!
おそらく日本人バサーでジェフに入れた人はほぼ皆無でしょうから、すべてアメリカ人票ということになりますが
いったい何がアメリカ人バサーたちを動かしたのか!?

ともかく、「諦めるのはまだ早い!」ということですね。
逆転はまだまだ可能かもしれない。
そんな期待を抱かせてくれる夢のある展開になってますね、リージョン2は。

それでは皆さん!引き続き作戦を遂行していきましょう!


「Bプラン」での投票方法はコチラ

「Bプラン」って何?という方はコチラ

オールスター戦に日本のファンが投票することの意義についてはコチラを読んでください。


健闘を祈る!