2014年04月

BASSMASTER.COMのGOPRO動画スゲー!

ふぅ〜っ……
今日は朝から14時間ぶっ通しで走って先ほどやっとトレドベンドに着きました……
途中ストームが激しかったのですが、あちこちで事故渋滞がありました。
しょっちゅうラジオでトルネード警報が流れたり。。。
アメリカ南部では週末にまたしても巨大トルネードが立て続けに発生していて、現在34名の方が亡くなったそうです……

さて
昨日のエントリーで、B.A.S.S.公式サイトの試合レポートが「生」すぎて飛び抜けている!という話をしましたが、どう「生」なのか、どう飛び抜けてるのかは次の動画を観れば分かります。
先月のエリート第2戦フロリダ州セントジョンズリバー戦2日目の大森貴洋なんですが、まぁまずは観てちょーだい!



もう分かっちゃってるでしょうが、この動画、カメラマンが撮影したものではないのです。
カメラをコックピットのカウル部に固定して自動で撮影した映像なのです。
こんな具合に↓

gopro_omori_classic

今期エリート戦では、GOPROを各選手艇(今んとこ全員ではないです)に設置して、いわゆるオンボードカメラで撮影ってやつをやってます。
「GOPRO」とは?……byウィキ
「GoPro(ゴープロ)とはアメリカ合衆国カリフォルニア州サンマテオの企業Woodman Labsが所有する探検での撮影向けのヘルメットカメラ(英語版)といったウェアラブルカメラ・カムコーダのブランドである。プロからアマチュアに至るまで幅広く使われており、またワニやサメ、ホッキョクグマの口の中を撮影するときにも使用されている」

例えば、このPROPROを使って、こんな映像が撮影されてます!



まさにエクストリームな世界!
バストーナメントの場合、エクストリームっぷりはこういうのとはまた違ったベクトルに向いてるわけですが……w


今月のバサー読んだ人は分かると思いますが、セントジョンズリバー戦の大森選手は初日22-1を釣って5位からの好スタートを切りました。
で、2日目は15-2を追加して12位という展開。
レイクジョージという巨大自然湖のグラスエリアでセミサイトフィッシング(半ブラインド)とブレイドジクのパターン。
ちなみにレイクジョージってのは、ココ↓



自分はこの大森選手のGOPRO動画を観た時にこう思いました。
「あぁ……トーナメントの観戦スポーツ化はこうして始まるわけか……」と。

動画の中で、大森選手は1尾目をチャターベイトで釣った後、サイトフィッシング(実際はセミサイト=半ブラインド)で数尾釣ってますよね。
その時、カメラに向けてフックがしっかり口の中に掛かっていることを見せています。
実はセントジョンズ2日目の大森選手はマーシャル(=オブザーバー)なしで1人だけで出ていたんです(マーシャルが足らなかったため)。
マーシャルというのは釣りをしない同船者のことですが、B.A.S.S.エリートの場合、ルール遵守を確認する審判の役割も務めます。
したがって、サイトフィッシングが予想されたセントジョンズ戦でマーシャルが乗らないという状況はルール的にマズイわけです。
なにしろ「サイトフィッシングにおいては、フックが口の外に掛かっていた魚は無効」というルールがありますから。
フックの位置を確認する第三者が必要なんですね。
動画の大森選手はそれゆえにカメラに向けてフックの位置を見せていたわけです。。。

まぁGOPROというのは現状、ネット接続してリアルタイムで配信するような機能はないですから
(半径数十m有効なWi-Fiでスマホに接続することは可能)
このオンボード映像も帰着後にカメラを回収してオフィシャルが確認するという形にならざるをえなかったのですが
いずれリアルタイム化するのは確実でしょう!

その先に見えるのは未来のプロトーナメント。。。
無人のオンボードカメラが捉えた選手たちの一挙手一投足を、太平洋を隔てた日本の皆さんがスマホで観戦するわけです。
リアルタイムで!
しかも、ただ観戦するのではなく、きっと審判的な役割も負うことになるのではないでしょうか?
選手ごとに掲示板やチャットが用意されていて、そこでワイワイやりながら観戦&監視するわけです。
おそらくコレ、そんなに遠い先ではない未来に実現するでしょう。

そうなったら自分も取材のために現場に行く必要はなくなるのでしょうかね?
まぁ14時間も車を運転しなくてもいいなら、それもアリかもしれません。
というか、もはや自分は用済み?(^O^;)汗

ごぶさたでした!

どもっ!
気付けば最後の更新から7カ月経過。。。
実はブログの存在すら忘れてましたΣ(・ω・ノ)ノ!

何と言うか……このブログの扱いというか立ち位置というか。。。
どういう内容にしていくべきかとアレコレ考えているうちに日々が過ぎていきズルズル……
とそんな感じ(・_・;)って言い訳にもなってませんねw

実際のところ
B.A.S.S.エリートの試合レポートというのはご存知のようにバサーのほうでやっているので、雑誌の発売より前にあまり詳しい内容を書いてしまうのはNGなワケです……基本的に。

それと、Twitterが手軽で使いやすかったので、試合中の細かなレポートはそっちでやってしまっていたというのもまぁ理由のひとつでしょうかヾ(;´▽`A``

あとは、「RAW=生」な試合レポートは主催者であるB.A.S.S.公式サイトが飛び抜けてますよね!
リアルタイムに近い形で動画や写真、ブログ(英語ですが)などを通して試合をフォローすることができるので、同じことをこのブログで(しかも自分ひとりで)やってみたところで意味があるのかないのか……はて??と思ったり。。。

言ってみれば「ブログ」という形態の上手な使いどころが自分には分からなくなってしまった。といったところでした。。。

それと!これが一番重要なんですが
B.A.S.S.公式サイトのほうでオモシロイことが水面下で進んでいたりするので、その正式決定待ちみたいな部分も実はありました。
ESPNと分かれて新体制となったB.A.S.S.に「ある提案」を持ちかけていたのですが、ここへきて実現する可能性が高まってきたかもしれません。
もし実現すれば、いろいろと面白いことになるはずです( ̄□ ̄;)
それこそ、エリートに参戦する日本人選手と日本のファンの皆さんに直接関係してくるような話。。。
おそらく皆さんには以前のオールスター戦の時みたいにヘルプを要請することになるかもしれません(いや間違いなくそうなるでしょう)。
その際はひとつヨロシクお願いしますm(_ _)m

そんなわけで、今後このブログがどうなっていくのか自分自身でも分からんのですが、当面は進むべき道を模索しつつ細々と続けていくつもりです。
Twitterともどもヨロです(=゚ω゚)ノ
プロフィール
米国プロツアー情報と私的ルアー研究を中心に、紙媒体の過去記事もアーカイブ化!トーナメントのリアルタイム情報や小ネタはTwitterにて。
Twitterボタン
記事検索
最新記事
Ad by Google
Ad by Google
twitterタイムライン
ツイキャス生中継を観るには?
PCから:ツイキャスのAmakensNoteページにアクセスするだけ。配信が始まると、そのままライブを観られます。

スマートフォンから:ツイキャス専用のビューワーアプリが用意されているので(無料)、これをインストールして使うとかなり便利です。
iPhone用↓
apple_appstore_icon
Android用↓
android_icon

★が!ツイキャス生中継はただ観るだけじゃなく、参加するともっと楽しめます!★
具体的に何ができるかと言うと、配信中にコメントを書き込むことができてしまいます!
ちょうど掲示板みたいな感じ。
しかも、書き込まれた皆さんからのコメントは、配信中の自分(アマケン)の端末上でもリアルタイムで表示されるので、自分は皆さんのコメントに対して返事を返すことができてしまうワケです!
コレぞIT革命!! インターネットの双方向性を活かしたナイスな機能ではないでしょうか!?


ツイキャスへの参加方法
ツイキャスにログインするだけ!
twitter、Facebook、mixi、いずれかのアカウントがあれば、そのユーザーIDとパスでログインできます。
秘密のアマケンノートでは、細かなネタはtwitterでツイートしてますので、まだの方はぜひこの機会にtwitterを始めてみては?
twitter版「秘密のアマケンノート」

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ