amakensnote_elitelogo_09
来期2015年のB.A.S.S.エリートシリーズ出場選手の顔ぶれが公式発表されました。
昨年より5名増えて、これまでで最多の計113名!

2015年エリート出場選手リスト(アルファベット順)
*緑字はルーキー
Randy Allen
Casey Ashley
Scott Ashmore
Josh Bertrand
Tommy Biffle
Stephen Browning
Brandon Card
Brent Chapman
Hank Cherry
Jason Christie
Rick Clunn
Keith Combs
Brandon Coulter
John Crews
Cliff Crochet
Mark Davis
Ott DeFoe
Kurt Dove
Boyd Duckett
Brent Ehrler
James Elam
Paul Elias
Edwin Evers
Todd Faircloth
Seth Feider
Micah Frazier
Shaw Grigsby
Greg Hackney
Charlie Hartley
Kevin Hawk
Matt Herren
Kenyon Hill
Brett Hite
Davy Hite
Timmy Horton
Randy Howell
Michael Iaconelli
Ken Iyobe
Kelley Jaye
Carl Jocumsen
Alton Jones
Kelly Jordon
Steve Kennedy
Mike Kernan
Kotaro Kiriyama
Gary Klein
Koby Kreiger
Jeff Kriet
Bobby Lane
Chris Lane
Russ Lane
Kevin Ledoux
Jordan Lee
Matt Lee
Brandon Lester
Jared Lintner
Stephen Longobardi
Bill Lowen
Justin Lucas
Aaron Martens
Billy McCaghren
Mike McClelland
Mark Menendez
Jared Miller
Yusuke Miyazaki
Ish Monroe
Andy Montgomery
Chad Morgenthaler
Paul Mueller
David Mullins
John Murray
Britt Myers
James Niggemeyer
Takahiro Omori
Cliff Pace
Brandon Palaniuk
Chad Pipkens
Clifford Pirch
Keith Poche
Jacob Powroznik
Cliff Prince
Matt Reed
Skeet Reese
Derek Remitz
Marty Robinson
Dean Rojas
Scott Rook
Fred Roumbanis
Zell Rowland
Bradley Roy
Joseph Sancho
Casey Scanlon
Bernie Schultz
Terry Scroggins
Morizo Shimizu
Kevin Short
Fletcher Shryock
Dave Smith
Brian Snowden
Gerald Swindle
Randall Tharp
Dennis Tietje
J Todd Tucker
Jonathon VanDam
Kevin VanDam
Byron Velvick
Greg Vinson
David Walker
Nate Wellman
David Williams
Jason Williamson
Boo Woods
Chris Zaldain

来期ルーキー(緑字)の中に、伊豫部健の名前もしっかりありますね。
これで2015年エリートシリーズに出場する日本人選手は史上最多の5名ということになるわけですが、2月のクラシックでもしも深江真一が優勝すれば、クラシック勝者枠を行使して日本人選手が6名になるという展開もありえますΣ(・ω・ノ)ノ
しかも、その可能性は今回のクラシックの場所(ハートウェル)を考えると、決して低くないように思えるわけで……。

実に楽しみ!

で、ルーキーの中での注目株はイヨケン選手を除くとやはりセントラルオープン3位で出場資格を得たカール・ジョーカムスンですかね。
エリート初となるオーストラリア人選手です!
クイーンズランド出身の29歳で、2012年からオープンシリーズに参戦し始めて、挑戦3年目にしてついにエリート出場権を獲得しました。

下はそのジョーカムスン自身が多額の経費を必要とする来期エリート参戦のための寄付を募っている動画。

こういった参戦のための募金活動って、日本だと抵抗を感じる人もいるのではないかと思いますが、クラウドファウンディング隆盛の今ならたしかにやってみる価値はありそうです。
仮にそれで資金が集まらなくても、自身のPRに積極的な姿勢を見たどこかの企業がスポンサーにつく可能性もあるかもしれませんし。

ところで、エリートシリーズの外国人選手というと、以前の「ツアー」「トップ150」時代まで遡ってみても、
カナダを除くと、日本人のみしかいない状況w(゚o゚)w オオー!
そう考えると、現在エリートに参戦している日本人選手はもちろん、過去のトップ100やトップ150に出場していた日本人選手も本当にスゴイなぁと思いますよね。
来期はオーストラリア人のジョーカムスンが加わって、エリートもちょっとだけインターナショナルになりそうですな。

来期エリート出場選手リストに関しては他にもいろいろ書くべきことがありますが、またあらためましょう。