ベニスのフリッピングスタイル2態

2月のクラシックで撮影した他の動画をアゲておこう。
公式プラのスキート・リースと、試合2日目のトミー・ビッフルだ。
『Basser』を読んだ方ならすでに知っているように、ベニスでのフリッピングパターンが2人の戦略だった。

「ベニス」は、ミシシッピ川河口部の最下流を指すエリア。
ニューオリンズからボートで向かうには、サルバドール湖>バラタリア湾を抜ける最短ルートで片道2時間を要する。

Venice Map

マップからも分かる通り、ここだけでも相当に広いエリアだが、この半島状の陸地のように見える部分はほぼ全域が陸地とも水域ともつかぬ湿地帯(英語で言うところのswamp)である。
背高のリーズに囲まれた水路と沼地の大迷路だ。
水深は深くても5~6ft。
バスが付くようなカバーはグラスとリーズしか存在しないので、必然的に釣り方も限定される。
ベニスが「flippers' paradise(フリッパーたちの天国)」と呼ばれる所以である。

では、フリッパーたちがベニスでどのようなフリッピングをしているかと言うと、そのスタイルは実は結構人それぞれだったりする。
2月のクラシックで自分が同船したスキート・リースとトミー・ビッフルは、今回のクラシックでベニスを釣った約20名に及ぶ選手たちのたった2人にすぎないが、それでも、ベニスにおけるフリッピングスタイルの幅と奥深さを知る上で貴重な実例だったと言える。



上の動画は、試合前々日に行われた公式プラ中のスキート・リース。
ベニス内に無数に存在するキャナルのうちの数本を流している。
各キャナルの長さはおよそ数百m。
それらを端から端まで撃っていくわけではなく、水深が深めのデッドエンド部や、カレントが効きやすいインターセクションなどを重点的に釣る。
そうしたキーストレッチだけを撃って、ゴソッと固まっているバスを探していく。
往復の移動で4時間以上を失うので、時間との勝負という側面もある。
動画内のスキートがかなり大雑把な流し方をしているように見えるのは、この日があくまでもプラクティスであって、エリアの絞り込みを目的としていたからだ。
試合中はキーストレッチだけをもっとじっくり釣っていたはずである。
使用ベイトはバークレー・ハボック・ピットボス(Berkley Havoc Pit Boss 4in)のブラック&ブルー。

Havoc Pit Boss

ここでのスキートの釣り方の特徴は、リーズのエッジに落として、2~3回のバンピングですぐに次のフリップへ移っていく効率重視のスタイルだ。
グラス類が絡んでいるわけではないので、バスがいれば即バイトという釣り。
流れるようなスキートのフリッピングが美しい。
ブレイドラインがガイドを擦る音にゾクゾクするのは自分だけではないだろう。

スキートというと、巻きモノからフィネスまで幅広くこなすバーサタイルアングラーという印象が強いが、彼のベースは地元カリフォルニアデルタ仕込みのフリッピングである。
ただし、いつでもどこでもフリップするわけではないので、フリッピングパターンで上位に入ってくるケースは意外に少ない。

そこへいくと、トミー・ビッフルはまさしくいつでもどこでもシャローさえあればフリップする筋金入りのフリッパーだ。
スモールマウスで有名な北部のレイクシャンプレイン(NY州とVT州の州境)やセントクレア(ミシガン州)でさえ、バックウォーターでのラージマウスパターンを追いかける選手である。
そのビッフルがルイジアナデルタでフリップしないはずがないわけで、エリアのほうもベニスを選ばないわけがない。
「どこで、どんな釣りをしたの?」という質問は、今回のビッフルに限っては愚問だった。



上の動画は、試合2日目に同船した際に撮影したもの。
キャナルをランガンしたスキートと異なり、ビッフルは広大なオープンウォーターの一角だけをじっくりと釣り込んだ。
リーズパッチが点在するそのエリアは水深およそ3~4ft。
リーズの周囲がびっしりとグラスで縁取られていたのは、ここがミシシッピ本流の濁りとメキシコ湾の海水からプロテクトされたエリアであることを示していた。

ビッフルのフリッピングパターンはそうしたリーズ際のグラスマットをターゲットにしたものだったが、特徴的だったのは、ワンスポットに掛ける時間だった。
上の動画でも、フリップ後、グラスマットにベイトをすり抜けさせた後、かなり長い時間、ボトムで誘っているのが分かるはずだ。
そして、ここぞといいうキースポットに対しては、わざわざロッドを持ち替えて、別のベイト(動画内で使ったのはリザード)でフォローしてさえいる。
ビッフルがメインに使っていたベイトは、自身がデザインしたジーンラルー・ビッフルバグ(Gene Larew Biffle Bug 4.25in)。色はブラック&サファイヤ。

Bifflebug blackSaffire

ここ数年のトレンドであるいわゆるスイートビーバー系にあたるが、ビッフルバグはボディーがチューブになっている。
ビッフルは中に大きめのガラスラトルを入れていた。

もうひとつ、これは『Basser』のほうにも書いたことだが、ビッフルはブレイドラインではなく、フロロカーボン(サンライン・シューター25lbs)を使っていた。
アメリカのプロツアーではフリッピングにブレイドライン(日本でいうPE)を合わせるのが一般的であるが、ここ最近はビッフルをはじめとする一部のフリッパーたちの間でフロロへの切り替えが見られる。
このあたりについては、いずれまた詳しく書いてみたい。

2011年クラシック初日の清水盛三

記念すべきブログ初投稿を何にしようかアレコレ迷ったのだが、ふと今年のバスマスタークラシックの時に撮った動画が未整理のまま放ったらかしになっているのを思い出した。

ミシシッピ川の河口域=ルイジアナデルタで2月に開催されたクラシックである。

今回のクラシックでは、日本の清水盛三選手がB.A.S.S.参戦10年目にして初出場を果たしたわけだが、幸運にも、自分は試合初日に清水選手と同船することができた。

ここにアップした動画は、その時スチール撮影の合間にチョイ撮りしたもの。
クリップをつないだだけでまともな編集をしていないのだが、音楽などつけるよりかえって現実味があってイイのではないかと、あえてそのままにした。
いわゆるRAWビデオってヤツです。

先日放送された関西テレビの「ザ・ヒット」のほうでも(自分は観れていないのだが)、あるいはB.A.S.S.の番組やオンラインストリーミングにおいても、初日の盛三選手の実釣シーンというのはほとんど流れなかったのではないか、と。
なにしろ半径数kmには自分たち以外ワニしかいなかったので・・・。
そういう意味では貴重な映像かもしれない。



どうだろう?
ビデオの前半、盛三選手の緊張が伝わってこないだろうか?

後半でアワセから一連が撮れている魚は、手元の取材メモによると、午後1時にキャッチした7尾目のキーパーになるようだ。
重さは750g。入れ替えに成功して、推定リミットウエイトが約3,800g。
ビデオの最後で、抜き上げ後に雄叫びをあげている魚は、この日のキッカーとなった8尾目。

釣りの詳細についてはすでにBasser誌のほうに書いたので、ここでは省略させていただく。
まだ読んでない方は急いで釣具店にダッシュしてください。
運が良ければ、まだ売れ残ってるかもしれません。
おそらく書店にはもうないでしょう。

しかし、こうして自分のブログに、撮影した動画をアップして、それを日本の皆さんに観てもらえるというのは個人的に実は感慨深いものがある。

というのも、こういうことをヤリたい!と真剣に考えていた時期というのがあって、ちょうど2003年あたりが気持ち的にピークだったのだけれど、もうかれこれ8年も前の話。
実はウェブサイト(当時はまだブログは一般的ではなかった)のタイトルやロゴデザインを決める段階まで進んでいたのだが、結局、実現には至らなかった。

いくつか問題があって、そのひとつは当時のアメリカのネット環境が動画をアップロードしたりできるような状態ではとてもなかったということ。
取材中はレイクに近いモーテルないしホテルに泊まるのだが、当時はまだ「ハイスピード・インターネット」なんてものはなくて、ダイヤルアップ接続だった。
だから、動画どころか、雑誌に使う高解像度のデジカメ画像なんかも送るのがたいへん。
要は物理的にムリだったのだ。
アメリカからダイレクトに動画を配信するというアイデアそのものが。

ところが、今はアメリカ中どこへ行っても、ホテルにハイスピード環境が整っている。
アラバマの田舎の、釣り客以外誰も来ないような小さな町のモーテルでさえWiFiが使える。
ちょうどオバマ大統領になった頃だから、2008年前後だろうか。
その頃に一気にアメリカ中のホテルや公共施設のネット環境がハイスピード化した。
最初は有料のところが多かったが、今は有名観光地を除いてたいていタダになっている。
今年からはマクドナルド全店舗で無料のWiFiが使えるようになった。

2008年にアメリカのバブル景気が弾けて以降、あれほど盛り上がっていた米国プロツアーも今ではすっかり元気がなくなっているが、どこからでも動画配信が可能な高速ネット環境が今頃になって整ったというのはなんとも皮肉な話である。
こういうのを運命と言うのでしょう。

ちなみに、当時ウェブサイト立ち上げを諦めたのには、ネット環境以外にもうひとつ大きな理由があったのだが、すでに文字数が多くなってしまったので、その話は次回ということに。

プロフィール
米国プロツアー情報と私的ルアー研究を中心に、紙媒体の過去記事もアーカイブ化!トーナメントのリアルタイム情報や小ネタはTwitterにて。
Twitterボタン
記事検索
最新記事
Ad by Google
Ad by Google
twitterタイムライン
ツイキャス生中継を観るには?
PCから:ツイキャスのAmakensNoteページにアクセスするだけ。配信が始まると、そのままライブを観られます。

スマートフォンから:ツイキャス専用のビューワーアプリが用意されているので(無料)、これをインストールして使うとかなり便利です。
iPhone用↓
apple_appstore_icon
Android用↓
android_icon

★が!ツイキャス生中継はただ観るだけじゃなく、参加するともっと楽しめます!★
具体的に何ができるかと言うと、配信中にコメントを書き込むことができてしまいます!
ちょうど掲示板みたいな感じ。
しかも、書き込まれた皆さんからのコメントは、配信中の自分(アマケン)の端末上でもリアルタイムで表示されるので、自分は皆さんのコメントに対して返事を返すことができてしまうワケです!
コレぞIT革命!! インターネットの双方向性を活かしたナイスな機能ではないでしょうか!?


ツイキャスへの参加方法
ツイキャスにログインするだけ!
twitter、Facebook、mixi、いずれかのアカウントがあれば、そのユーザーIDとパスでログインできます。
秘密のアマケンノートでは、細かなネタはtwitterでツイートしてますので、まだの方はぜひこの機会にtwitterを始めてみては?
twitter版「秘密のアマケンノート」

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ